NISHIKI KINDERGARTEN :: For The Future

自分自身で

f:id:nishikikg:20151008220635j:plain

2学期に入りますと、かけっこ遊びではこんな

シーンを見かけることがあります。そう、走っている

間に靴が脱げてしまうことが。 4月のかけっこでは

直ぐに走るのを止め履きに戻ります。 今では

ゴールしてから履きに戻るというか友達が脱げた

靴を取りに行ってくれていて受け取っています。

 

自分の目指すゴールに向かう途中に起こった

アクシデント。けど、靴を履きに行くか、全力で

走り抜くかを自分自身で瞬間的に判断をしている

んです。どちらかをどう選択するかは自分自身。

転んで泣いていた子も 今では直ぐに立ち上がり

最後まで走りきります。

 

今日まで1人でかけっこしていたなら多分 靴を

履きに戻るでしょう。今日まで1人でかけっこして

いたなら多分今でも転んだら泣いて立ち上がら

ないと思います。

 

一緒に走る相手、「がんばれー」って応援してくれる

仲間や先生がいるから全力で走り帰って来られる

のだと思います。 とっさの判断力が生んだド根性!

 

 

 

広告を非表示にする