読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
NISHIKI KINDERGARTEN :: For The Future

真似る 学ぶ

「真似る」の語源・・・「学ぶ(まねぶ)・真似ぶ(まねぶ)」

子ども達は真似をすることから学ぶことが多いです。

乳児期には模倣を繰り返し物の名前や言葉の意味を

知ることがあります。

 

幼児期に良いことをどんどん真似することは非常に

大事だと思います。先生達が物を大切に扱っていると

自然と子ども達も物を大切に扱ってくれます。先生達が

挨拶や履物揃えをしていると子ども達は自然と挨拶や

履物を揃えてくれます。初めは真似っこからです。

 

周りにいる大人達が溜息や悪口を言っていると

子ども達は必ずその真似をします。大人が子どもに

及ぼす影響は結構大きいです。

子どもは大人の結果を見るだけではなくそれまでの

一連の行動もしっかりと見ています。自らの習慣を

つくるお手本にしているんですよね。

f:id:nishikikg:20161204221317j:plain

輝く大人達の姿を魅せることは、子ども達の未来を

創ること。 

 

 

広告を非表示にする