NISHIKI KINDERGARTEN :: For The Future

7年に1度

f:id:nishikikg:20161011212727j:plain

昨日剪定をしたクヌギの木。グラウンドに積まれた

山積みの枝。今日は子ども達に見せてあげました。

f:id:nishikikg:20161011213000j:plain

「重たい!」「ゴツゴツしてる!」「葉っぱ、何枚

ついてるのかな?」色んな不思議&発見がありま

した♪

f:id:nishikikg:20161011213130j:plain

園庭の大きな樹木は約7年に1度枝を落とします。

高くなり過ぎないように、強風で折れないように。

 

実際に手にして重たい!や、間近で見るととっても

大きな枝!・・・最後に子ども達に伝えたかった

事は、木の様に優しく、そして逞しくなりなさい。

ということなんです。

夏には大きな木陰を作ってくれ、秋には楽しい

ドングリをプレゼントしてくれ、風の強い日は

幼稚園の園舎を守ってくれて・・・木は優しくて

我慢強くて逞しい。

子ども達に、こんな質問をしました。

「何で木は倒れないと思いますか?」

子ども達からは、

「硬いから」や「太いから」の答えが1番多かっ

たです。

「もっとよく考えてごらん」と。

すると、しばらくして「あっ!わかった!」と。

「根っこがあるからだー!!」

 

「正解♪もしこの根っこが弱かったらたちまち木は

倒れます。根っこからたくさんご飯を食べて

大きくなって強く逞しくなるんだよ」

 

目に見えない部分が大切だということを伝え

ました。心が優しく、強く、逞しく。そんな話を

今日は伝えました。

 

話を終えると・・・何人かの子ども達が木の

そばへ。そっと小さな手で大きな幹を優しく

なでてるんです!「ありがとう」って言いながら♪

 

大きな木を見た時は我が子と重ねて見てください。

そしてこの木の根っこはどんなに大きか想像

してみてくださいね♪

広告を非表示にする