NISHIKI KINDERGARTEN :: For The Future

記憶

知識を増やすときの手段のひとつに文献から

学ぶことがあります。書店に並ぶ本。

よく見かける題が

「○○の100の言葉」や

「○○の30の習慣」や

○○の10の法則」など

数でその大切さを伝えている本が結構あります。

例えば、「○○の100の言葉」を読み終えた時に、

頭に100全部覚えたかというと 覚えていません。

個人差もあると思いますが、物覚えが得意では

ない僕は多くて5つぐらいですかね。そして

1ヶ月もすれば5つが3つぐらいに。 その3つが

自分にとって響いた言葉だと思います。

本は何回も読み直す様にしています。読み直すと

5つが10に増えていくんです。

人の記憶は排出され新しい記憶が入り、また

排出され・・・・となっている様です。

 

排出された記憶は心が動かなかった記憶。

例えば先週の水曜日の朝ごはん

排出されない記憶は心がぐっと動いた記憶。

例えば初めて我が子が産まれた時♪

 

できるだけ残る記憶は楽しいことや感動して

心が震えた記憶にしたいものです。

 

子ども達にも日々の幼稚園生活で、ぐっと心を

動かし、生涯における記憶を残してあげたい!

だから全力で励まし、応援し、一緒に感動したり

悔しがったりすることが大切だと思います。

その一つひとつがその子を大きく成長させるのだと

僕は思います。

f:id:nishikikg:20151216202847j:plain

 

明日は楽しみなクリスマス会♪

いつまでも心に残る夢の会にしたいです!

f:id:nishikikg:20151216213034j:plain

広告を非表示にする