NISHIKI KINDERGARTEN :: For The Future

ラブ♪ライク♪

ある記事に日本を含め数カ国の13歳~29歳の人に

「自分に満足しているか?」

「自分に自信があるか?」

という質問をしたところ、日本人は最低レベルという

結果が出たとのことでした・・・・・。

 

幼稚園生活では子ども達と過ごす中で大切にしている

「自己肯定感」「自尊心」。

僕は中学校に入るまでは絶対にこの2つを高める

ことが大切だと思っています。

 

色んな活動を通し、その子の「好き」や「得意」が

見つかります。運動が得意な子もいれば読書が

好きな子も。音楽が好きな子もいれば絵を描く

ことが好きな子も。

 

この強みを伸ばしてあげる方が本人にとっては

楽しく成長できますよね。失敗しても「楽しい」を

知っているので頑張れるんです。

そして「好き」や「得意」を褒めてあげることによって

自分に自信が付き、苦手(弱み)な分野にも挑戦

していく逞しい心が育まれます。

 

それを中学校に入るまでのどこかのタイミングで

「苦手(弱み)を無理に伸ばさせよう方程式」に

はめ込もうとしている様に感じます。

例えば、人前で大きな声で話をさせる場合でも

「ほら!もっと大きな声で言いなさい!」など。

本人の性格もあります。人前で緊張しないで話す

ことができる子もいれば、僕もなんですが緊張を

してしまう子もいます。

「もっと大きな声で!」

じゃなく、

少しでも、一言でも声を出せたことを褒めてあげる

ことを大切にして欲しいものです。

 

僕は先生達にも、子ども達にもいつも言ってます!

「失敗とは、何もしないこと」と。

幼児期に育む「自己肯定感」・「自尊心」は

大好きな人からの

「凄いね

「できたね

「一緒にやってみよう

「ありがとうね

「♪

のプラスな一言で絶対に高まってきます!

是非、ご家庭でもどんどん言ってあげてくださいね!

広告を非表示にする