NISHIKI KINDERGARTEN :: For The Future

こども社会の中で

「この子はお兄ちゃんと違ってシャキっと

してなくて~・・・」

「お姉ちゃんと全然タイプが違うんです~」

「○○ちゃんはもう字が書けるんですって!」

「○○くん、もう○○できるらしいよー」

 

時々こんな会話を耳にします。

ズバリ!比較でしょう。(どこかで聞いた様な)

兄妹での比較、近所の子との比較、クラス内

での比較、色んなシーンで比較しがちです。

大人は・・・。親は・・・。

 

ここで忘れて欲しくないのが本人の成長です。

この世に命を授かり今日まで生きてきた本人の

成長した姿。うまれた時は何もできなかった

のに少しずつ、少しずつ できることが増えて

きましたよね?

 

兄妹は違って当り前。クラスでも1人ひとりの

ペースってものがあるので違って当然。

1週間でできる子もいれば1ヶ月かかって

できる子もいます。また、

昨日できなくて今日初めてできる時もあるし、

逆に今までできていて できなくなることも

あります。幼児期に流れている時間は我々

大人の流れている時間とは全然違います。

 

あの子はもうできるのにウチの子はまだできない!

そんな焦る気持ちも十分わかりますが何も

心配することはありません。

 

大切なのは・・・

我が子の今日までの成長を喜び、今後の

成長を楽しみに思い、子育てをすることが

なんですよね。

 

2・3歳、自分の意見をまとめて相手に適切に

伝える・・・まだ無理です。物の取り合いや

スペースの取り合い、順番ぬかし、手を出され

たり、出したり・・・

子どもはそんなシーンを繰り返し親が、教師が

関わり方を教えてあげる時期なんです。度々

手を出してしまうお子さんの保護者は心配され

ているかもしれません。・・・ですがあまり

深刻に考えないでくださいね。お子さんは

幼稚園で頑張って子供社会でもまれ、生き方を

一生懸命学んでいますので。ゆっくり時間をかけ

人との関わりや心の成長が育まれてきますので。

 

親は子がいて初めて親となります。「子育ては

こうだ!」っていう答えはないです。親も子も

一緒に成長し幸せな日々を送らなければなりま

せん。

f:id:nishikikg:20150618221813j:plain

来月14日に子育てのあれこれを時間の許す限り

どんどんお伝えしたいと思います。

ご希望の方は是非お待ちしてます。詳しくは

来週には幼稚園ホームページの「お知らせ」で

アナウンスさせていただきます。

 

 

 

 

広告を非表示にする