NISHIKI KINDERGARTEN :: For The Future

ジ~っと

f:id:nishikikg:20150417213956j:plain

今日から英語の授業も始まりました。まずは

楽しいを第一に、特に年度始まりの最初は

ハイテンション♪子ども達はノリノリで楽しい

授業を受けていました!

 

f:id:nishikikg:20150417214338j:plain

外遊びから帰ると直ぐに手洗いうがい!ちゃんと

ルールも守って凄いんです。新入児のお子さんです。

理解する時間がかかったり、行動に移すのに時間が

かかってもそれは何にも問題なし!大事なのは

集団で皆と同じ事をすることなんです。これから

長い人生、人に合わせるってこともよくあります

からね。幼児期の間に。今のうちに。

 

今日は砂場で

f:id:nishikikg:20150417215012j:plain1人の年長の女の子が

ほうきで掃除をしてくれていました。すると

側に1人の年少の男の子がやって来ました。

f:id:nishikikg:20150417215218j:plain

話しかけることもなく ジ~っと掃除を見ているん

です。女の子の行く方にくっついて。

f:id:nishikikg:20150417215417j:plain

覗き込んでジ~っと見ているんです。

他人を見て学んでる最中なんですね。そんな時は

その空間には大人は必要ありません。男の子は

「こうやって ほうき使うんだー」

「うぁ!きれいになってきたー」

「ぼくもちょっとやってみたいなー」

「貸して!って言おうかな・・・」

色んなことを考えているんでしょうね。

 

その考えの中から自分で判断していくんです。

「よし!貸してって言おう」や

「言えない~・・・」や

「お姉ちゃんが終わったら ちょっとやって

みよう」…みたいな判断を。

 

大人はその後、この空間に入れるんです。

「貸してって言えたね!」

「貸してって言えなかったね。よし!次頑張って

言ってみようよ!」の様な感じで。

 

大人は何でもかんでも答えを先に出しちゃったら

ダメなんですよ。見守り、そして見守る。

大人にとっては簡単な答えかもしれませんが

子どもにとっては かなり考え判断するシーン

なんです。日常こんなことを繰り返しより良い

判断力、一歩前に出る勇気などが身につきます。

 

この男の子は またひとつ大きくなりました♪

そんな成長が素直に嬉しい! やったね♪

 

 

広告を非表示にする